FSA国際送金サービス|送金手数料【440円~】と格安!フィリピン・東南アジアへの送金におすすめ

PR

東南アジアへの送金に特化したFSA国際送金サービスは、東南アジア9カ国(マレーシア / フィリピン / インドネシア / バングラデシュ / シンガポール / タイ / ベトナム / カンボジア / ミャンマー)、10,500以上の現地拠点に送金可能なサービスです。

あまり馴染みのない「FSA国際送金サービス」ですが、東南アジア大手「CIMB」傘下の「CIMB ISLAMIC銀行」と提携した株式会社シースクェアが提案している国際送金サービスです。
*株式会社シースクェアは資金移動業の登録業者として正式に登録されています。

送金額が少額・受取人が口座を持たないというケースに
おすすめの海外送金方法です。

特に、最近増えているフィリピンやマレーシアの留学生にはおすすめ
留学の際は送金方法の候補として留意しておきたい送金サービスです。

この記事ではFSA国際送金サービスのおすすめポイントや概要・留意点をまとめています。
早速確認していきましょう。

 
PR
 
 

FSA国際送金サービスのおすすめポイント

FSA国際送金サービス海外送金のおすすめポイントから確認していきましょう。

メリット
  • 東南アジア9ヵ国に特化
  • 送金手数料が【安い】440円〜
  • インターネット(パソコン・スマホ)で全ての手続きが完結!
  • 受取人の口座がなくても送金可能!
  • 10万円までの送金なら会員登録なし
  • リフティングチャージ/受取手数料/中継銀行手数料【無料】
  • 着金日数は最短・数分!

東南アジア9ヵ国に特化

FSA国際送金サービスは「東南アジア9ヵ国に特化」したサービスです。

送金可能国

マレーシア / フィリピン / インドネシア / バングラデシュ / シンガポール / タイ / ベトナム / カンボジア / ミャンマー

送金手数料が【安い】440円〜

送金手数料は業界最安値基準の「440円〜」

フィリピンへの送金手数料

管理人の暮らすフィリピンでは、100万円の送金手数料もわずか「1,340円」
送金手数料に限っては、他の送金サービスと比較しても最安値でしょう。

国と送金額によって異なりますので、公式サイトで送金手数料を確認してみてください。
送金可能な国と通貨|FSA国際送金サービス

インターネット(パソコン・スマホ)で全ての手続きが完結!!

インターネットで原則24時間・365日送金手続き可能です。

また、FAXやゆうちょ(FSAゆうちょ送金カード)からの手続きも可能です。
パソコンやネットに不安がある方でも安心ですね。

受取人の口座がなくても送金可能!

東南アジア9ヵ国に、10,500拠点以上のネットワークをもつFSA国際送金サービス。

管理人の住むフィリピンでは、
CEBUANA LHUILIER / Metrobank / Palawan pawnshop、BDO銀行にも送金可能です。
FSA代理店・二次代理店一覧|FSA国際送金サービス

街を歩けばどこでもすぐにみつかる提携店舗にて、送金の受取が可能です。

また、インドネシア / バングラディシュ / マレーシア / フィリピンであれば、すべての銀行口座宛に送金も可能です。

10万円までの送金なら会員登録なし

10万円までの国際送金であれば、FSA国際送金サービスへの会員登録は必要ありません。

ほぼ全ての送金サービスが手間と時間のかかる「会員登録」を必要としているので、10万円までとはなりますが、すぐに送金したい方には大変うれしいですね。

リフティングチャージ/受取手数料/中継銀行手数料【無料】

リフティングチャージ・受取手数料・中継銀行手数料など通常の銀行送金で発生する、送金手数料以外の手数料は全て無料です。

着金日数は最短・数分!

トレーサーナンバー(Tracer Number)発行後すぐ受取可能。
最短数分程度で送金完了します。

フィリピンの銀行口座への着金日数目安

例えば、フィリピンの銀行へ送金する場合は以下の目安です。

  • Metro Bank: 10分以内
  • Banco De Oro(BDO銀行): 1営業日
  • その他の銀行: 3営業日

他の送金サービスと比較しても、着金が早いのが特徴ですね。
FSA送金サービス概要|FSA国際送金サービス

FSA国際送金サービスの詳細

それではFSA国際送金サービスの詳細を確認していきましょう。

各種手数料

手数料種類 手数料
送金手数料 対象国
カンボジア / インドネシア / マレーシア / ミャンマー / シンガポール / タイ / ベトナム
送金額 手数料
1円~30,000円 790円
30,001円~50,000円 990円
50,001円~250,000円 1,470円
250,001円~1,000,000円 1,970円
対象国
フィリピン
1円~10,000円 440円
10,001円~30,000円 690円
30,001円~50,000円 940円
50,001円~100,000円 1,190円
100,001円~1,000,000円 1,340円
対象国
バングラデシュ
1円~30,000円 790円
30,001円~50,000円 790円
50,001円~250,000円 790円
250,001円~1,000,000円 790円
為替レート 対外国為替
海外送金シミュレーター
リフティングチャージ なし
コルレス銀行手数料 なし
受取銀行手数料 なし

*送金手数料はキャンペーンが開催されていることが多いので、送金前に必ず公式サイトをチェックしてください。
送金可能な国と通貨

送金限度額

送金限度額
ゲスト会員(会員登録必要なし)/1回 100,000円
個人会員/1回 1,000,000円

取扱可能国

マレーシア / フィリピン / インドネシア / バングラデシュ / シンガポール / タイ / ベトナム / カンボジア / ミャンマー

送金日数

受取方法 送金日数
現金代理店受取り トレーサーナンバー発行後すぐ
銀行口座(アカウント)受取り 国と銀行により異なる

FSA国際送金サービスの留意点

留意点
  • 決済・入金口座により振込手数料がかかる
  • マイナンバーが必要
  • 為替レートの上乗せに注意

決済・入金口座により振込手数料がかかる

送金資金および手数料はFSAの口座へ振込んでの支払いになります。

  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
FSAの口座は上記3行。
上記3行以外の銀行からの振込は、振込手数料がかかるので注意が必要です。

ゆうちょ送金カードをすると手続きが楽チン
ちなみに「ゆうちょ送金カード」を発行すると、送金先が登録できるので(ただし1件まで)決まった送金先に定期的に送金予定のある方には便利です。
ゆうちょ送金カードについて

マイナンバーが必要

多くの送金サービスで必要なように、FSA国際送金サービスの利用にもマイナンバーが必要です。

条件にもよりますが「トランスファーワイズ」はマイナンバーなしでも送金手続きが可能です。

トランスファーワイズ |一番安い海外送金TransferWiseの仕組み【マイナンバーなしでもOK】

2018年7月1日

為替レートの上乗せに注意

送金手数料が安い点が最大の魅力である、FSA国際送金サービス。
ただし為替レートに関しては不透明な部分がありますので、必ず海外送金シミュレーターで確認しましょう。

注目の送金サービス「トランスファーワイズ」は為替レートの上乗せが一切ありません。

トランスファーワイズ |一番安い海外送金TransferWiseの仕組み【マイナンバーなしでもOK】

2018年7月1日
PR

FSA国際送金サービスまとめ

東南アジアへの送金をお考えの方におすすめのFSA国際送金サービス。

こんな方におすすめ
  • 少額(10万円まで)の送金を手軽に行いたい方
  • 東南アジアへの送金予定が多い方
  • 早い着金をご希望の方
  • ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方

また、払込み専用カードの「ゆうちょ送金カード」があれば、ATMからも送金でき、振込の煩わしさもありません。

フィリピンに滞在している管理人もメインの送金方法として候補に挙げている送金サービスです。

注意
掲載・更新時点での情報です。ご利用の際は必ず公式HPにて最新の情報をご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンに移住して4年目になるシングルマザーです。 円→ペソの送金でいつも「手数料」と「マイナンバー持ってない」問題に悩んでいたため、海外送金サービスが比較できるブログを立ち上げました。フィリピンの海外送金方法が知りたい方のお役にたてれば幸いです。