新生銀行|Goレミット新生海外送金サービスと新生総合口座パワーフレックス

新生銀行|Goレミット新生海外送金サービスと新生総合口座パワーフレックス
PR

新生銀行では外貨を送る仕向送金サービスとして、

  • 店頭や電話で送金手続きをする「新生総合口座パワーフレックス
  • 銀行ATMやインターネットから送金手続きできる「Goレミット新生海外送金サービス
上記の2つのサービスを提供しています。

注目するべきは「Goレミット新生海外送金サービス」の仕向送金手数料。

銀行系サービスの中では「2,000円」と安値基準の設定に加え、リフティングチャージはなんと「無料」となっています。

結論、

銀行送金の中では、非常におすすめの送金サービスです!

ただし、「中継銀行手数料」や「円為替手数料」がかかるケースがありますので、送金先の情報はしっかり把握しておきましょう。

では詳細を確認していきましょう。

 
PR
 
 

Goレミット新生海外送金サービスと新生総合口座パワーフレックス

ここで、新生銀行が提供している2つのサービス。
まずは両サービスの違いを確認しましょう。

サービス Goレミット新生海外送金 新生総合口座パワーフレックスの外貨預金
個人 ビジネス
送金・受取 円貨からの送金のみ 外貨受け取り/外貨送金
利用可能な方 個人 個人事業主(屋号での登録)/法人 パワーフレックス口座を持つ個人
申込み方法 郵送
*要マイナンバー
郵送
*要マイナンバー
不要
*送金時に要マイナンバー
手続き 送金先の登録 郵送
*送金先の登録が必要/登録件数の制限はなし
インターネット/郵送
*送金先の登録が必要/登録件数の制限はなし
店頭
*送金手続きと同時に送金先を事前登録できる
*登録できる送金先は1件
送金 指定口座へ円資金を振込 ①指定口座へ円資金を振込
②インターネットまたはFAXで送金依頼を送付
店頭/電話
*電話の場合、事前登録先のみ
送金時間 円建て 営業日12:00までに円資金の振り込みが確認できた場合
以降は翌営業日扱い
営業日12:00までに円資金の振り込み及び送金依頼が確認できた場合
*以降は翌営業日扱い
手続き完了の翌営業日
外貨建て 営業日15:00までに円資金の振り込みが確認できた場合
*以降は翌営業日扱い
営業日15:00までに円資金の振り込み及び送金依頼が確認できた場合 営業日13:00までに手続きが完了した場合。
*以降は翌営業日扱い
*豪ドル / NZドル / 香港ドル / シンガポールドルは11:00まで

ご自身の条件とあわせて、どちらのサービスが適切か確認してくださいね。

Goレミット新生海外送金と新生総合口座パワーフレックスの概要

それでは、まず各種手数料から詳細を確認していきましょう。

各種手数料

各手数料 Goレミット新生海外送金 新生総合口座パワーフレックスの外貨預金
送金手数料 2,000円 4,000円
*新生プラチナの方は月1回無料
為替レート Goレミット|為替レート表 ステージに応じた為替手数料を適用したパワーフレックス口座為替レート
為替手数料
取扱手数料
(リフティングチャージ)
なし なし
支払銀行手数料
(コルレス先支払手数料)
銀行による 銀行による
受取手数料 なし(受取人負担) なし(受取人負担)
円為替手数料 送金額の0.1%(最低1,500円) なし

送金限度額

Goレミット新生海外送金 新生総合口座パワーフレックスの外貨預金
個人により異なる
*外国為替及び外国貿易法第17条に基づき金額を設定
原則制限なし
*特定の国や取引に関わる送金には制限があり、許可が必要
*送金目的の確認及びご依頼人の本人確認や、3,000万円相当額を超える送金の場合「支払又は支払の受領に関する報告書」の提出が必要な場合もあり

可能通貨

Goレミット新生海外送金 新生総合口座パワーフレックスの外貨預金
12通貨
円 / 米ドル / ユーロ / 英ポンド / カナダドル / 豪ドル / NZドル / 香港ドル / シンガポールドル / スイスフラン / スウェーデンクローネ / インドルピー
12通貨
円 / 米ドル / ユーロ / 英ポンド / カナダドル / 豪ドル / NZドル / 香港ドル / シンガポールドル / 南アランド / ノルウェークローネ / トルコリラ

送金日数

Goレミット新生海外送金 新生総合口座パワーフレックスの外貨預金
通常1~3営業日後 1週間前後

外国送金に必要な書類

Goレミット新生海外送金 申し込みに必要な書類
新生総合口座パワーフレックス
  1. 本人名義の新生総合口座パワーフレックスのキャッシュカード
  2. 届出の印鑑 / ご署名(サイン)
  3. 外国送金依頼書への記入に必要な情報
  4. 送金する原資となる収入や保有金資産の状況を確認できる書類(給与明細書など)
  5. 送金目的の妥当性を確認する書類(商品購入の場合:インボイス・請求書など)

個人番号(マイナンバー)の届出に必要な書類

PR

新生海外送金サービスのまとめ

銀行ATMやインターネットから送金可能なGoレミットはメガバンクに比べ、お得に外国送金ができます。

  • 送金金額にかかわらず、2,000円の送金手数料
  • 送金日数1〜3日と比較的早い
  • リフティングチャージなし
また、為替レートもメガバンクに比べて安めに設定されているのが嬉しいですね!

こんな方におすすめ
  • 大手銀行で安心して海外送金したい方
  • 送金手数料を安く済ませたい方
  • 銀行ATMやインターネットから手続きしたい方

送金可能な国も多数あり、フィリピンへも送金可能です。

送金可能国:送金可能な国|Goレミット

銀行系送金の中でも「安く早く送金できる」充実した送金サービスです。

注意
掲載・更新時点での情報です。ご利用の際は必ず公式HPにて最新の情報をご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンに移住して4年目になるシングルマザーです。 円→ペソの送金でいつも「手数料」と「マイナンバー持ってない」問題に悩んでいたため、海外送金サービスが比較できるブログを立ち上げました。フィリピンの海外送金方法が知りたい方のお役にたてれば幸いです。